そこが気になるキャッシング!:利用限度額編

キャッシングにおける利用限度額とは、最大限利用できる金額のことです。

一般的に最初は30万または50万に設定される事が多く、優良顧客と見なされた場合、増額通知が届く事もあります。
しかし、現在はグレーゾーン金利時代と比べ、増額通知が届く頻度は減少傾向です。

利用限度額は、キャッシング利用者の信用情報に基いて設定されます。

信用情報とは、勤め先や収入、不動産の有無、家族構成など、その人のトータルの信用度です。
ですからキャッシング会社は同じでも、利用者によって利用限度額に差が生じます。

キャッシングの限度額で欠かせないのが総量規制です。

総量規制では、年収の3分の1までしか融資を受けられない事になっています。(銀行は例外です)
消費者金融のキャッシングは、総量規制の関係で、利用限度額または増額が難しくなるケースも考えられます。

他社のキャッシングを利用し、年収の3分の1ギリギリ融資を受けていると、次は借りられません。
また、年収の3分の1まで借り入れた後、増額申請を行なっても、法律の面で断られます。
複数社からキャッシングしている人と、増額を希望する人は、総量規制にも注意してください。

利用限度額の増額方法は、ほぼ申請のみです。

尚、利用から日が浅い場合、増額申請の審査で落とされる可能性が高いため、半年は様子を見ましょう。
増額申請を検討中であれば、利用履歴はクリーンにしておきましょう。
優良顧客と判断されて損をする事はありません。

利用限度額を正しく理解して、賢く借り入れを行えば増額申請もスムーズに進みます。
無理な利用限度額を設定する事による審査落ちも防げますので、覚えておきましょう。